最強のスニーカーの洗い方!魔法の洗剤で簡単に真っ白に

かめまるです

 

スニーカーって洗うの面倒くさくないですか。
正直、スニーカーは洗うっていう感覚がなく、履きつぶしてました笑

 

スエードを使った靴だとデリケートな素材なので、洗い方が
分からないっていうのもありました。←言い訳させてください…

 

そんな時、出会ってしまったんです!魔法の洗剤に!
それが「ジェイソンマーク」という洗剤です

 

それでは早速紹介していきます

 

 

目次

ジェイソンマークってどんな洗剤?

 

一言でいうと、今までの洗い方の概念を覆した革命的な洗剤!

 

今までの靴の洗い方は、

・靴を水で濡らす
・洗剤をつける
・ブラシでゴシゴシこする
・外に干して乾燥させる

だったと思います。ひじょーに面倒くさい!

 

ジェイソンマークでは、

・洗剤をつける
・ブラシでゴシゴシする
・自然乾燥

たったこれだけで真っ白になります。
これめっちゃすごくないですか!

 

特徴

一般的なスニーカーに採用されるあらゆる素材に使えます。

強い化学薬品や研磨剤は使わず、主原料に天然素材を使用しながらも、

効果的な洗浄力が特徴です。

 

また、このセットに付いているブラシは、靴底やソール側面部分の
しつこい汚れの洗浄に効果的なブラシです。

 

・あらゆる素材に使用可能!もちろんスエードにも
・香りがいい。例えるなら海外の甘いガムの匂い
・強力な漂白力を持ちならが肌にも優しい

 

洗い方
用意するもの
・ボウル(ブラシが入る大きさ直径15cmなら余裕)
・マイクロファイバークロス



①ボウルに張った水にブラシを浸します。

 

 

買ったばかりのブラシはかなり固まっているので、
あらかじめ水やお湯に浸しておくと良い

 

 

②ブラシに洗剤をかけます。

洗剤の量は、多めくらいがいいと思います。
多めと言っても往復はかけないですよ。

 

 

③ブラシを再度水に浸す

ここが最大の肝です!ここで泡の量が調整出来ます。

 

 

ブラシを再度水に浸した時に、水をたくさん付けると泡立つ
つまり泡立たないと感じたら、洗剤が少ないor水が少ない

 

 

④泡立てながら汚れている箇所を擦る

ポイントは泡で洗うことです。この洗剤は泡立ちが
めちゃくちゃいいので洗っていて気持ちいい。

 

 

一点だけ注意点があります。冒頭にあらゆる素材に使用できると言いました。
それは洗剤が、強い化学薬品や研磨剤を使っていない為なんです。

 

自分も盲点だったのがブラシです!
実は、このエッセンシャルキットに付いているスタンダードシュー
クリーニングブラシではスエードに使えないんです。

 

そこで登場するのが、このPREMIUM SHOE CLEANING BRUSH

 

スエード、メッシュなどデリケートな素材に使うブラシです。
柔らかい豚毛で出来ているため、素材を痛めにくいです。

 

 

⑤マイクロファイバークロスで泡を拭き取る

拭き取る時のポイントは、面に触れたらクロスを回転
させながら拭き取ることです。頑固な汚れは、一回で
きれいにならないので①〜④の工程を繰り返します。

 

 

 

使ってみた効果

今回洗った靴はナイキのスエードとメッシュの靴です。
ぶっちゃけかなり洗いにくい靴でした。

 

洗う前

 

 

洗った後

片方だけ洗ったのが写真向かって右側です!

 

全然違いますよね!まるで新品みたいになります。
黒いスエードの部分も埃、砂で白っぽくなってましたが、
元の黒さを取り戻しました!

 

実を言うとスエード+メッシュなのにPREMIUM SHOE CLEANING BRUSH
を使っていないんです。笑

 

なんてがさつな奴なんだか。自分でも呆れます。
ただ、優しく優しくブラッシングすれば意外と大丈夫ですよ。
※使用の際は自己責任でお願いします

 

 

まとめ

いかがでしたか。これが新しい靴の洗い方です!

 

価格は洗剤とブラシがセットで約2200円です。
洗剤はおそらく30回は使えると思うので、77円/1回

 

コスパ的にもかなり高めだと思います!

 

従来よりも手間がかからず、それでいて従来よりもきれいになる。
1度試すと、もうこれでしかスニーカーは洗えなくなります。

 

また、自分で使うのも良いですがプレゼントで渡しても
かなり喜ばれると思います。なので誕生日に何あげようか悩んだら
候補のひとつとして検討してみてください♪

 

 

 

最後に

スニーカーはきれいになりました。
では革靴はどうでしょうか。

 

是非これを機に靴磨きを始めてみませんか。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる